RSS
 

ABOUT

ABOUT CARTOLARE

ふとレジで、小銭が取り出せずにもたつく姿が目に入った。
手持ちの財布も確かに小銭が取出しにくい。
小銭が取出しやすい財布を探し求めたが見つからなかった。
もっと小銭が取出しやすくて、使い勝手の良い財布。そんな財布があったらいいのに。
それならいっそのこと…。

そんな想いから2012年、革製品ブランド Cartolare(カルトラーレ)は誕生しました。
これまでにない機能的な独自のデザインを、東京下町の熟練職人の匠の技と、良い物を作りたいという情熱によって、ひとつひとつ丁寧に形作られ、Cartolare(カルトラーレ)の製品は生まれていきます。

カルトラーレとはイタリア語で航海日誌という意味を持ちます。船舶の航海には欠かすことのできない航海日誌。 「使う人の日常という名の大海原での航海(生活)に欠かせないアイテムになって欲しい」という想いを込めて名付けました。



Product designer HARU profile

父方の祖父は若い頃、宮内庁御用達の家具屋の職人で、母方の祖父は着物の絵師であった。
その影響からなのか、小さい頃より物作りには人並み以上にこだわりが強かった。
Cartolare(カルトラーレ)を立ち上げるまでは、もともと全く畑違いの技術職に従事していたが、自らが欲しいと思える財布に出会えなっかたことから、物作りに目覚める。
測量技師として長年働いてきた経験を生かし、作品のデザインはCAD(図面作成ソフト)を使い行っており、これまでにない機能的な独自のデザインを生み出している。

カルトラーレフィロソフィ

ページトップへ